松尾光信先生 サックス/ブラスアンサンブル担当

九州ミュージシャン協会会長。13歳でトランペットを始め、17歳でサックスに転向、有名アーティストのレコーディング、コンサートに参加。ジャズ、フュージョングループ「ホット・ハーツ」を結成し、ライブにコンサートに活躍。九州の老舗ビックバンド「ニューハッチャ・オーケストラ」のバンド・リーダーとなりNHKテレビ「のど自慢チャンピオン大会」、ラジオ「昼の散歩道」などの音楽番組で指揮を取り、近年においては作曲に編曲にライブに活躍している。