松浦あゆみ先生 ハーモニー(音楽理論)/作編曲/管弦楽法担当

国立音楽大学作曲科で作曲理論を学ぶ一方、ポピュラー音楽理論・作編曲、ジャズピアノ、コンピュータミュージック制作など幅広い分野を学ぶ。卒業後、TV-CMの作曲で才能を発揮、VISAカード、NTT、グリコ、アサヒ、ミノルタなど大手企業の音楽を次々と手がけ、最近はNHKの番組音楽なども手がけている。オーケストラからコンピュータまで自由に使いこなす作曲家として評価は高い。またキーボードマガジンへの寄稿や音楽理論書をリットーミュージックから出版するなどの執筆活動も行っている。
(本校音楽理論オリジナルテキスト編纂者)